Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスティニープレイ感想

なんか洋ゲーの割には注目度が高かったゲーム
β版を遊んだ感じ面白かったので、期待していたんだけど
LV22の時点で既に飽きてきた。プレイ時間は30時間くらい
うーん・・・素材はいいんだけど、物足りないゲームかな
MMOとかいわれてたけど、MOに近い印象
とりあえず、ストーリーはつまんない。つまんないし、話が全然入ってこない
ストーリー部分は期待してなかったけれど、想像以上に面白くない

ゲーム部分は、β版の時からわかっていたけど、ヘイローにそっくり
そこにボーダーランズ的な要素が入ってる、そんなゲーム
んで、ここからが重要なんだけど「底が浅い」
武器も防具も種類が少ないし、数値が変わるだけで面白みがない
現状ではLV20が上限になっているんだけど、20時間くらいで上限にはすぐ到達しちゃう
その後は装備でLVが上がるようになっているんだけど、エンドコンテンツにいくまでが早い上に
そもそもクリア後のコンテンツが不足しているし、やることが一緒
ただ硬い敵とやたらと沸いてくる雑魚を相手にして装備をちょこちょこ更新していく
そんでもって週間で獲得上限があるクーポンみたいなのを稼ぐ・・・ってこれFF14だ!
クリア後にやることは現状3つあって

・クルージングと呼ばれる対戦で装備を更新しながらクーポンを集める
・ストライクと呼ばれるチームを組んでボスを倒して装備を更新しながらクーポンを集める
・最後に、まだ私はやってないから詳しいことはわかんないけど、通常マップのどこかで雑魚が延々と沸くポイントがあるらしくて(穴とか呼ばれてるみたい)ここでレアな装備を集める

同じことの繰り返しになるストライクとかクルージングをやるくらいならと穴でレアな装備を待つ人が多いみたい
そもそもLVの更新に繋がるようなレアの上の装備がクルージングとストライクじゃほとんど出ないんだよね
クーポンは、それらで更新ができない場合の救済措置みたいな感じ
そんでLVが26になるとできるようになるレイドに向かうことになるんだけど
ここがまた激ムズらしくて、すでにテンションはガタ落ちです。難しいこと自体はいいんだけどさ・・・

FF14の名前出したけど、装備を更新してもあんまり強くなった感覚がないのと
同じことの繰り返しで、やらされてる感が強いあたりと、週間で~って辺りが一緒

なんだろね、そもそもネトゲーなのに人との交流をとる方法ほとんどないんだもん
チャットすらない。ここは最近遊んでるディアブロと一緒
ただ、あれは純粋にハクスラで人との交流を無理に取る必要もないゲームだと思うからいいんだ
このゲームはFPSだし、一応MMOとかいってるし、あるべきでしょう・・・
後ね、私が一番声を大にしていいたいのがロード
長い。すんげー長い。クルージングとか対戦ごとになんやかんやで3分くらい待つし
普通にストーリーやろうとしても1分以上は待ってると思う
確かに始まっちゃえばロードはないけどさ、待たされてる時間が全体的に多い

結論をいうと、現状ではオススメするほどのゲームじゃないかな
アップデート次第ではいいゲームになる可能性は十分あるけど、パッケージでこの値段とっといて
このボリュームのなさはちょっといただけない
なんていうか、旧世代機とマルチにしたことが足を引っ張ってるのかなと思う部分が多々あったりする
興味がある人は年内様子見でもいいんじゃないかなぁ
アップデートでどれだけ良くなるか。ただ有料だけどね!





据え置き機の話

ちょっと遅くなっちゃったけど更新
まずは

WiiU編
正直厳しい。Wii時代のソフトが軒並み大きく数字を落としており、大きく本体を牽引するかと思われた
マリオカートでも状況がさして変わることはなかった
今後の注目タイトルでは大乱闘スマッシュブラザーズが近く控えているが、先に3DS版の発売が予定されており
WiiUの本体を引っ張ってくれる望みは薄い。同時発売ならば、状況はもう少し変わったかもしれないが・・・
来年以降のラインナップも不透明で、何よりサードメーカーからの支援がほとんどないというのが痛い
期待のソフトでいえば、ゼノブレイドクロス、FE女神転生、ゼルダの伝説等が注目度が高いが
本体を引っ張るという意味ではいささか弱い
やはり、本体性能と売りであったタブコンが足を大きく引っ張っている
そもそも、今の日本のゲーム市場はかなり特殊で、据え置き機は全体的に低調だ
スマホや、携帯機が大きく幅を利かせる中、据え置き機でゲームを多くプレイするのはコアユーザーがメインで
そういった層は、お手軽に遊べるものではなく重厚なゲーム体験を期待している為
WiiUは残念ながらコンゼプトを誤ってしまった感が強い
復活の手立てはタブコンを除外し、本体価格を大きく下げることが求められると思うが
それをしてしまうと価格が安いだけの任天堂ソフト専用機になってしまい、未来は完全に閉ざされてしまう。難しい


PS4編
世界的にみると過去類を見ないほどに好調ではあるが、日本ではまだまだ普及は進んでいない
日本製であるにも関わらず、発売日は各国より遅く発売と、非難を浴びたが
それでもソフトは十分に揃っているとはいえず、結果的には正解だったといえよう
現状ではPS3タイトルとのマルチが多く、オリジナルタイトルはまだまだ少ない
しかし、先日行われたソニーのカンファレンスでは今後に大いに期待できるタイトル郡が発表され
中でも注目は「ドラゴンクエストヒーローズ」だ
約10年ぶりとなる、PSプラットフォームでのドラクエ発売は各地で話題を呼んだ
一般的に知名度が高いソフトの発売を控えることによってライトユーザーが流れ込んでくる可能性が高くなった
シリーズ初のアクションRPGで開発は無双シリーズでお馴染みのオメガフォース
他にも、当初PS3で発売予定であった「ペルソナ5」がPS4とのマルチになったのもポイントで
更にはPSプラットフォームで育った有名タイトルがPS4に投入と各社が力をいれてくるというのがわかったのは大きい
ただ、それらもPS3又はVITAタイトルとのマルチタイトルが多く、PS4ならではというのはあまり見当たらず
少なくとも2015年いっぱいはこのような流れになると思われる
FF、DQと過去に据え置き機戦争でのいわば、勝利を約束されたタイトルが投入されるのはPS2以来になるが
両タイトルのブランド価値が現在では弱くなっていること、DQは外伝タイトルであること、この辺がどう作用してくるか
しかし、今後の見通しは大分明るくなり、PS4の性能を十分に使った日本製タイトルが増えてくれば
日本でもPS3以上の市場になる可能性は大いにあるといえる

XBOXONE編
結論から申し上げますと望み0です
初代、360と日本でも徐々に普及していったものの、今回で初代並みかそれ以下になるんじゃないだろうか
360の時は、PS3の開発が特殊で難しく、360は比較的楽に製作できたということ
世界的にみれば、序盤360が優勢であったということもあり、日本製の大型独占タイトルもそれなりに投入された
しかし、ユーザーを分散させただけでいい結果は生まなかった
そして今世代では、PSに既に大きく水をあけられ、日本メーカーの大型独占タイトルもあまり望めず
国内の量販店では取り扱わない店舗もあり、存在感がかなり薄い
売りであったはずのキネクトも早々とはずし始め迷走してる感が強く
少なくとも国内で大きく普及する可能性は0に等しい

総括
今世代はハードのコンセプト段階で勝負が決まってしまった感が強い

任天堂は、性能は他に劣るもののタブコンを生かし、自社の協力なタイトルで普及を図ろうとしたが
スペックを必要とするサードタイトルからの支援が得られなくなってしまった

MSは、キネクトとTV、中古対策等を押し出したが、早くも全てが頓挫している

それらに対してソニーは、今までのPSに比べ特別なことはあまりしていない
スペックは想定の範囲内、価格もできるだけ抑え、とがった部分はほとんど見受けられない
しかし、ゲームを遊ぶという一点にのみ注目し、シェア機能や、ソフトの作りやすさ、快適な環境
わかりやすい部分にコンセプトを置いたことが結果的に受け入れられているように思える

何か、ソニーのことばかり褒めている気がするが、PS3の失敗を生かしたことが今回の流れを作っているのかなと
まだまだ国内ではどうなるかわからないものの、可能性を秘めているのはPSしかないと今世代ではいえる
逆をいってしまえば、これだけわかりやすい状況になっているのに据え置き機が国内で復権しなければ
日本メーカーが再び世界で注目を浴びることはないだろう。悲しいことだが・・・









最近遊んだゲームの話。討鬼伝極が…もったいない

テニスを観ようとこんな時間から起きています。おはようさん!
決勝のチリッチとは通算で5勝2敗と相性はよく、データ上は錦織有利!
普通だとメンタルが弱い日本人というイメージがあるので期待できないと思っちゃうところなんだけど
1世紀近くぶりに日本人がベスト4になったかと思えば、あっさりと世界1位を破り、史上初を達成してしまう辺り
こやつには期待せざるを得ない。やってくれるはず!
ってことで始まるまでにゲームのお話を少し


討鬼伝極 現状70点

前作をクリアーするところまでプレイしており、引き継いで開始
と、始めて少し経ったところで違和感
「あれ?敵固くないか?」
数時間遊んだところでそれは確信に変わった
部位破壊をすべて終えても相手の体力は5分の1程度しか減っていないことが多い
更には、消える敵や、当たり判定がえらい広かったり、そもそも「今の当たったの?」と思うような攻撃が多い
しかも、ダメージがめちゃめちゃ大きかったり、同時出現の大型鬼だとかとにかくストレスが溜まる仕様
新シナリオを3章ほどクリアしたところでめんどくさくなって放置
なんつーか、初代のダメだった頃に戻ってる印象。パッチくることに期待
ゲームの根本そのものは相変わらず面白いと思うんだけどなぁ・・・
今は改善されたみたいだが、当初はオンにまともに繋がらなかったりと前作から学んでいないことが多い


フリーダムウォーズ 60点

狩りゲー繋がりだけど、こっちは普通にあんまり面白くない
武器の作成やアイテムの作成に時間とるとかバカなの?ソシャゲーじゃないんだぞ
更には武器の作成にランダム要素とか、なんでわざわざつまんない仕様をいれてくるかなぁ・・・
戦闘システム自体は、結構面白い要素もあるんだけど、シフトは乱戦好きだな。ほんとに
難易度の上げ方が、敵の数を増やすっていうやり方はダメだっていい加減学習しろと


ペルソナ4アルティマックスウルトラスープレックスホールド 80点

前作も少し遊んだので続けて購入
ストーリー部分は前作より全然よくなった
前は同じ話をキャラクターの視点を変えているだけで単調で面白くなかったし、戦闘が頻繁にはさまりめんどくさかった
i今作はシナリオ部分も改善され、戦闘頻度も大幅に減ったのは好印象
格闘ゲームとしては、しょうがないことなんだけど、初心者お断りなくらいなジャンルになってしまったのは強く感じる
連打でコンボが決まったり、RPG要素いれてみたりがんばってはいるとは思うけど
いざ対人戦になると、わからん殺しにあうことがやっぱり多い
とりあえず、どこでこっちの攻撃を差し込めるかがわかりづらいゲームなんだよね
わかりづらいからひたすらガードすることになっちゃう。その辺はストⅣの方がわかりやすい
格闘ゲームをそこそこ遊ぶ自分でこれだからペルソナ4が好きってだけで買うのはやっぱりしんどいだろうな


ディアブロ3リーパーオブソウルズアルティメットエディション 90点といいたいがスクエニめ!なので80点

前から気になっていたのでPS4版の発売に伴い飛び込んでみた
最初に言いたいことは、値段高すぎ
PS3版と3000円くらい値段に差があるとか、なめてんのかスクエニ
ゲーム自体はハクスラらしく同じことの繰り返しにはなるが、面白い
単調ではあるが、ダメージが上がっていき見た目の変化があるとどんどんキャラクターを育てたくなっちゃう
レジェンダリーアイテムが出るとテンション上がるね!
シャイニングフォースイクサにすごい似てると思ったけど、イクサがディアブロを模倣してるのかな
シナリオはお察し


チャイルドオブライト 65点

発売日にパッケージ版を買っていたんだけど、最近になって遊んでみた
クリア時間は10時間ほどでサクサク進む
戦闘はグランディアに似てたかな
ただ、相手がどのキャラクターに攻撃しようとしてるかわからない為戦略がたてずらくイライラ
難しいのか?と言われれば、そんなんでもないけど、シックリこなかった
装備がアクセサリーぽいの1種類しかないのも物足りなかった
シナリオはセリフ回しが独特で、海外のゲームだなーって感じ
とりあえず話が噛み合ってないように感じることがしばしば
キャラにとにかく魅力がない。これはデザインだけの問題じゃない
まぁ、軽く昔のRPGぽいのを遊びたいなぁって人にはオススメかな


ラストオブアスリマスター 85点

PS3版よりは綺麗になったし、動きも滑らかになったけど
無印でも十分に綺麗だったので劇的な変化は感じられなかった
前作をやりつくした人は別に無理して遊ばなくてもいいんじゃないかな
DLCがみんな入っているので、PS3、4両方持っているならば間違いなく4版がオススメ

家庭用ゲーム携帯機編

現在日本の家庭用ゲームは携帯機が主流になっていて
今の所、3DSとPSVITAの2機種が日本の家庭用ゲーム機の中ではがんばっています
ではまずは、3DSの話から


3DS編
定期的に大ヒット作を排出しつつ、普及台数も伸ばしているものの、ここの所は大分落ち着いてきた印象
妖怪ウォッチの大ヒットや、スマブラ、モンハンと今後も大ヒットが望める作品が控えており
10月には、NEW3DSが発売され、まだまだ現役といいたいところだが、正直本体バリエーションを出しすぎな感がある

特に今回発表されたNEW3DSだが、これは悪手と言わざるを得ない
まず、イメージがよくない。つい最近まで本体にソフトを1本つけるというキャンペーン実施していて
本体を買ったばかりの人も数多くいるはず。そしてお店にも在庫が数多く在庫が存在する中でのこの発表
もちろん、ゲーム機は期間をある程度おいて新しい機体が出るのは自然な流れ
だが、直前までこういうキャンペーンをやっていたにも関わらず結果こういうことになるのは
お店からもユーザーからもイメージはよくないだろう
そして何よりもいただけないのが、NEW3DSのみでしか動作しないソフトの配給だ
今の所は「ゼノブレイド」の1本だけだが、本体の見た目もさほど変わらず
性能的にも大きく変わった感じもない。しかし動作しない本体があるという
任天堂のハードの歴史をみると、来年又は再来年には新ハードが出てもおかしくない中で
どのユーザーに向けてなのだろうか
右スティックらしきものは今更感というか言葉は悪いが、ちゃちい。
そして使ってみないとわからないと前置きはしておくが、どう考えても使いづらそう
3Dが顔の位置を変えてもブレづらくなるということらしいが、そもそも3D機能をそこまで重要視している
ユーザーがそこまでいるとも思えない
ゼノブレイドは確かにいいゲームだが、この為にまた本体を買おうなんて到底思えない
そもそも続編となるクロスがwiiUで発売予定なのだからそっちで出すべきだろう
唯一惹かれたのは本体の着せ替えができるところだったのだが、これはLLはできないという
一言でいってしまえば、混乱を招くだけでいろいろと無理がある話が多い

メーカーは違うが、最近だとドラクエⅩが3DSで発売等は耳を疑ったりもした
クラウドを使うとはいえ、月額1500円は・・・本来1000円でしょう?
そして発売した後は案の定まともに動作しないらしい
ネットゲームは発売直後安定しないのはよくある話だが、文字が読み取りづらい等は改善のしようがあるんだろうか


PSVITA編
徐々にソフトが揃い始め大分普及スピードは上がったもののパンチ不足な感はある
今後のソフト発売予定数は全ハードでもっとも多くソフトは充実しており
安定はしているものの、VITAだけでしか遊べないビッグタイトルが待たれるところ
ハードそのものはとても優秀。優秀であるがゆえにマルチタイトルが多く、器用貧乏であるともいえる
しかし、今後PS4が普及すればするほど、VITAが活躍する場が更に増えると予想している
現在はスペック的にみるとPS4>PS3=VITAになっているが、現状はPS4のスペックを生かしたソフトはほとんど存在しない
先日の発表会ではVITA、PS4のマルチがいくつか発表されたが、PS3、PS4のマルチをやっていることと変わらない
しかし、今後PS4の性能を生かしたソフトが増えると、VITAやPS3のマルチには無理が生じてくることになる
するとVITA独自のソフトが今後一層増えてくることになるのだ

すでにPS3とPS4マルチソフトの動きをみていると、ディアブロや、近く発売されるデスティニー等では
普及台数はまだまだなPS4ではあるが、互角もしくはそれ以上の動きをPS4版が早くもみせ始めていることをみても
PS3のアクティブユーザーは減りつつあり、PS4のアクティブユーザーは多いことがわかる
それならばPS4のみならではのソフトを作り始めるメーカーも増える
PS3が穏やかに衰退していく中で、そこで始めて携帯機であるVITAの本領が発揮されるはずだ
わかりやすくいえば、近い将来PS3、PSP時代のような関係になる可能性は高い
ちなみにVITA発売当初は多かったPSPとVITAのマルチは討鬼伝極を見る限り完全に移行したと思っていいだろう
とここまでの話はあくまでもPS4が普及すればの話だが・・・


据え置き編へ続く

家庭用ゲームの前にスマホゲーの話をちょいと

あれだけ嫌っていたスマホゲームですが、やはり食べず嫌いはよくないということでいくつかプレイしてみました
なんと1つは課金額が4万円程に・・・課金をジャンジャンする人からは大したことないと思われそうですが
自分的にはやってしまった・・・という感覚。ただ、あぶく銭が入ったときに課金した額がほとんどなので
そこまで後悔はしてませんが!(といういいわけ
では遊んだゲームからいくつか紹介

スクールガールズストライカーズ 課金額1000円 
最近CMでよくみる、スクエニ製スマホゲーです
内容はライトノベルRPG?とやらなんですが、スマホゲーにしてはグラフィックは綺麗かな
この辺はさすがスクエニといった所
ただ、内容はポチポチゲーで、ゲーム性はあまりなくよくある集金ゲーな感じです
スタミナ制のゲームなのにも関わらず、普通に遊んでいるだけでスタミナMAXから数分で空になります
適当にキャラクターをタッチしていると定期的にバトルにいき、自動で数回攻撃の後、撃破
また適当にキャラをタッチするとバトルにいき・・・基本こういう流れ
ガチで遊ぼうと思ったらあっという間にお金を吸い取られます。また、ガチャもきつい

パズドラ 無課金
まぁ、いうまでもない日本で一番有名なスマホゲーです
さすがにこれだけ人気になるだけあって面白いには面白いです
ただ、個人的には目新しさはなかったというかPSでシンプルシリーズで似たようなゲームあったな
という印象が強かった

魔法使いと黒猫のウィズ 無課金
これも有名どころですが、ゲーセンにある「クイズマジックアカデミー」をRPG風にしたという感じ
面白いんじゃないかな。ただ、パズドラのパズル部分をクイズにしただけで特にいうことはなし
つってもこのゲームに限らず、ガワを変えただけで似たようなゲームが溢れかえってる中で
クイズRPGはあまりないのかな。課金したらきつそうなイメージ

白猫プロジェクト 無課金
コロプラ繋がりでもうひとつ
今現在、毎日のようにCMで見るゲーム。早くも1000万DL突破ということだけど
これはリセマラ推奨のようなことを開発側が仕組んでいるからで、実際はこんなに遊んでいる人はいません
簡単にいっちゃうと、☆4つのユニットがほぼ必須なのにも関わらず出現率が低い
そして始めた直後にガチャを引く為に必要なダイヤを手に入れるチャンスが多いのです
なので、何度もリセマラを繰り返すうちにアカウントはどんどん増えるといった仕組み
☆4ユニット1体さえいればとりあえずなんとかなるというのも大きな要因だけど、確率がほんとに低いので
最初で手にいれとかないといくら課金しなければいけないのか怖いレベル
この辺のバランスでアカウントがどんどん練成されています
今現在進行形でちょいちょい遊んでいるけど、サクサク遊べてスタミナ制じゃないのはいいところ
気が向いた時にいくらでも遊べるこのタイプは今後増えていくのかな?
ぷにこんは別に画期的じゃない気がする

グランブルーファンタジー 無課金
名前からしてスクエニっぽいイメージだけど、ゲームも音楽からもスクエニっぽさを感じるRPG
雰囲気も音楽も結構いいが、すっげー重い。重くてやってらんない
動作も安定しない感じで、課金も相当キツイ
内容は悪くないんだけど、あれだけ大々的に宣伝した割には期待はずれ
ちなみにこれを作っているサイゲームズはPS4でソフトを今後提供していくらしい
個人的にはこれをパッケージでしっかりとした感じのRPGに仕上げてくれるとうれしいな
課金ゲーをCSに持ってくるだけならお帰りくださいといった感じ

ブレイブフロンティア 4万ほど課金
最後に結構課金しちゃったゲーム
ゲーム自体はいたって普通のスタミナ制ステージクリア型のRPG
私が思うに、このゲームの一番の魅力はガチャが他のゲームに比べれば随分甘いところ
甘いといっても、もちろんタイプなどに拘れば話は変わるけど、追加キャラも割りと簡単に引けるし
当たりはずれが少なめなのもいいのかな
ある程度ユニットさえ揃ってしまえば、追加コンテンツはほとんど問題なく遊べるし
キャラクターもドット絵で育てていて楽しいし、無料で手に入るキャラクターも魅力があるものも多い
とちょっと褒めすぎな感はあるけれど、最近はちょっと飽きてきた
現在は追加されるキャラクターが既存キャラのステータスを強化しただけで目新しさがなく
追加コンテンツもイマイチ。まぁ、半年も遊んでたら飽きるか











左サイドMenu

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ベストセラー&アニメ作品

バーゲンコーナー

最新記事

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

プロフィール

natsumeru

Author:natsumeru
ゲームや漫画。好きなものを自分が思ったように書くのだ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。